Q&A

     良くあるご質問に、お答え致します。

 

Q1. マッシュプーリー木材搬出システムは自由度が高く、色々な現場に適用できそうですが、

  自由度が高い分、現場の状況に合わせ、種々の機材を組合せることになると思いますが、

  推奨される基本機材構成を教えてください。

A1.  設置が簡単で、購入費用も安く、搬出能力も充分な、マッシュキャップ仕様を推奨しています。

  搬器として中型搬器を用いれば、曲進もできます。

   基本機材としては、可逆駆動装置、末端滑車、チルホール、バネ秤、メインロープ、中型搬器、

  マッシュキャップ、曲進用マッシュプーリー、各1台が挙げられます。

   その他は、基本機材の利用に慣れ、さらに高度な利用をしたい状況になってから、追加購入するのが良い

  と思います(機材リスト参照)。

 

Q2. 機材購入費用はどの位ですか。

A2. 上記の基本機材(と若干の補助機材・備品)で、搬送距離100mの場合、100万円程度です。

    高度な利用(搬出距離の延長を含む)のためには、30~50万円程度の必要機材を追加購入戴くことに

    なります。

 

Q3. 購入手続きはどうすれば良いですか。

A3. 安全確保のため、教習会の受講を義務付けています。1泊2日の教習会を受講戴き、運転免許を

    1団体2名以上、取得戴かないと購入できません。受講料は2万円/人です。

   その後、購入機材内容を検討戴き、見積書、基本契約書を交わし、納品、代金支払いとなります。

 

Q.4 マッシュプーリー木材搬出システムを使って搬出・集積した材を、小型トラック等で運び出すためにの

    作業道を作る場合、作業道の間隔はどの程度が適当でしょうか。

A.4 マッシュプーリー木材搬出システムの実用最大搬出距離は、200mです。よって、作業道が400m間隔

    にあれば最寄りまで到達できることになりますが、曲進すること等を考慮すれば、作業道の間隔は200m

    が適切と判断されます。

     間隔200mは、森林環境を守る上でも適切と思われますし、散策路としても違和感のないものです。

   また、新たに作業道を作らず、200m毎に土場(木材の仮置き場)を設けるのも良い判断です。作業道を作る

  手間と費用を勘案すれば、納得されます。

 

Q.5 何か持論が有りましたら述べてください。

A.5  150万人居た林業従事者(きこり)が、昭和39年の木材輸入自由化に端を発し、現在では8万人程度に激減

  してしまいました。同時に、国産木材の流通システムも衰退しました。国土面積の1/4に当る森林(人工

  林)の環境整備、活用が必要な中で、木材輸入量が世界第1位である現状は、大きな疑問です。

   このような状況は国策に基本的な問題がありますが、森林を抱える地域の住民にも自治意識が乏しく、容易

  に改善されそうにありません。グローバルリズムの中で、経済性を重視すれば間違った選択ではないかも知れ

  ませんが、環境、防災上、大きな問題が発生しています。保水能力を失った森林が、洪水、斜面崩壊を誘発し

  たり、流木が被害を拡大しています。

   森林環境整備は手遅れになりつつあると危惧されますが、最悪の事態は避けなければなりません。そのため

  の第一歩は、住民の自治意識の回復です。自分たちの生命・財産を、自ら守ろうとする意志と行動です。

  行政には、市民活動、ボランティア団体、自伐林業家への支援が望まれます。 

  

 昨今、全国的に斜面崩壊が発生しており、路網(50m、30m間隔)を作って重機を傾斜地に入れることは困難に

なっていると思います。

 傾斜地では、作業道を極力作らず木材を搬出できる本システムが、有力な搬出手段になると考えられます。