補助機材

 ここでは、補助的機材を列挙します。

1. 頭上げスペーサー

 重い材の頭にロープやマッシュキャップを掛ける

 際に使用します。

 写真手前の「頭上げスペーサー」の上に材の頭を

 載せると、材の頭が地面から浮きます。

 写真後方は「逆転防止楔」で、

 「頭上げスペーサー」に載った材が転り出ない

 ように、材の下に挿入します。

2. 三角ハンドウインチ

 ハンドウインチを、木製のトラスに取り付けたもの

 です。

 基部両端のスパイクを地面に差し込むとともに、 

 左基部に鉄杭2本を打ち込み、作業員が載り、

 作業員自らがアンカーとなります。このため、

 設置場所を選びません。

 牽引力は最大80kg程度、牽引長は15mです。木材の接地抵抗係数を0.4とすると、200kg近い木材を牽引することができます。搬送ラインに材を集める時等に使います。              折りたたむことができるため、

保管時にはスペースを取りません。

3. 棚積みスロープ

 棚積み塊の端に掛けて、木材を引き上げるための

 スロープです。

 2本のスロープを棚に掛け、基部に鉄杭を打ち込み

 固定します。

 棚積みしたい高さに合わせ全長を長くすれば、

 スロープが緩やかになるので、重い材も楽に上げる

 ことができます。スロープには50cm毎に穴が開け

                              られているので、別の鉄杭を差し込んで休めます。

4. マッシュスレッド(大型ソリ)

  現場によっては、駆動装置の設置場所が林道から

 離れた林内の場合があります。

  駆動装置は分離できるものの(エンジン部18kg、

 駆動ドラム部19kg、計37kg)担いで運ぶわけには

 いきません。

  マッシュスレッドに乗せると楽に運べます。

 クッションとしての硬質ウレタン、荷締ベルト、

                            固定金具が付いています。

                             他の機材も運べるので、大変便利です。

 5.角材三脚

   原っぱなど、立木がないところでは機材を吊ることができな

  くなります。

   そんな時、現場の間伐材で櫓を組んで利用するのも良いの

  ですが、角材で作った三脚(高さ約2m)を用意すれば簡単に

  機材を吊ることができます。

   角材三脚の頭は金具で連結され、吊り具も付いています。

  基部に鉄杭を打ち込み固定します。

   末端補助滑車や基本マッシュプーリーを吊るだけでなく、

  曲進用マッシュプーリーのアンカーロープの高さ調整櫓として

  も使えます。

   特に、マッシュキャップ仕様では大きな鉛直力が掛からない

                      ので、角材三脚で充分対応できます。

6. 補助ロープ末端固定金具 (エンドウ豆)

 この金具「エンドウ豆」はかなり小型ですが、扱いが簡単で

 充分な機能を有します。金具に付いた3つの穴を利用して、

 ロープ末端をしっかり固定します。

 (映像マニュアル、4. 補助ロープの掛け方、参照)

7.人工アンカー用ペグ

 必要な場所に立ち木や切り株が無く、アンカーを

取ることができない場合、写真の人工アンカー用ペグ

(60cm)を必要数、地面に打込み、アンカーを取る

ことができます。

8.荷上げ滑車

 地形によっては、メインロープが地面から

3m以上も上方になってしまう地点が発生します。

 このような地点では、空荷の搬器が手の届かない

上方となってしまい、材の荷掛けが難しくなります。

 そこで、搬器に荷上げ滑車を吊るします。荷揚げ

滑車に付いたロープを操作することにより、頭上から荷上げ用のロープが降りて来ます。

荷上げロープに材を掛けてから、荷上げロープの片端を引くと、材の重さでメインロープが下がり、材が搬器に

連結された状態となります。