可逆駆動装置

160cc、4サイクルエンジンを搭載しています。中央部のネジを外すと、エンジン部は分離されます。

 上に立ったレバー(クラッチ)を右、あるいは左に倒すことにより、メインロープの回転方向が反転します。左端のドラムにメインロープを巻付けます。

 写真の右側端はアクセルレバーで、メインロープの搬送速度を変えることができます。リード線が付いているので、操作性が良く、かつ安全です。

 左側のロープは、駆動装置を固定するための

                           アンカーロープです。

 

可逆駆動装置を載せるための架台です。

 

 木製で軽く、組立式なので、林内に運んだ後に組み立てます。

 底に幅広の板を履いているので、安定して駆動装置を支えることができます。

 

架台と一体になった駆動装置。

 

ネジでしっかり固定されるため、安定しています。

 

 

写真のように、メインロープを巻き付けます。

  クラッチを右に倒すと、右側のドラムにエンジンの力が伝わり、3回巻したメインロープが引張られ、

木材が牽引されます。

 クラッチを左に倒すと、左側のドラムにエンジンの力が伝わり、1回巻したメインロープが引張られ、

空荷の搬器が返送されます。

 両ドラムの直径が1.5倍異なり、搬器返送時には

                           スピードが1.5倍、速くなります。