トラブル防止 基本マッシュプーリー

 基本マッシュプーリーは、メインロープが地面に接するのを防ぐために設置します。メインロープが地面に

接すると、メインロープが損傷します。

 よって、メインロープが地面に接することが無ければ、メインロープの直線区間がいくら長くても、

基本マッシュプーリーを設置する必要は有りません。

 このことから、基本マッシュプーリーは、主に、地面が凸に変化している凸地点頂部付近に設置されることに

なります。

 

 現地で散見されたトラブルの例は、次のものです。

 

① 直線区間長が長く、メインロープの高さが2m程度となる地点に基本マッシュプーリーを設置したため、

 材通過時には、搬器が高さ2m近くまで上がらなけならず、搬器の通過にかなり無理が生じた

(搬器がスムーズに通過しない)。

 搬器がこの区間にない時には、メインロープが基本マッシュプーリーの高さを若干越えたため、メインロープ

 が基本マッシュプーリーの滑車部にぶら下がらず、基本マッシュプーリーのフレーム上端を擦る状態となった

(メインロープが基本マッシュプーリーのフレームを擦ると、メインロープが損傷する)。

  この場合、基本マッシュプーリーが不要で、トラブルの原因となるだけです。

 

② 曲進角度が5度程度と小さいため、基本マッシュプーリーで曲進させようとしたが、搬器が通過できない

 状態が頻繁に生じた。

 曲進角度が小さくても、基本マッシュプーリーの重さは5kg程度と軽く、横方向に引張られ、真下を向かない

 ため、下を向かせようと基本マッシュプーリーをやや強制的に固定したことも問題を大きくしました。

 基本マッシュプーリーは自由な状態の時、最適な機能を発揮しますので、無理に固定すると、メインロープ

 からの作用力に適切に対応できず、メインロープが脱線し易くなり、搬器が通過できません。

  曲進角度が小さい場合でも曲進用マッシュプーリーを利用する必要があります。

 現在までのところ、曲進角度が小さい場合(例えば、10度以下)、曲進用マッシュプーリーでも対応が難しい

 場合が有りますので、「トラブル防止・曲進用マッシュプーリー」を参照ください。

 

注)直線区間に、材の横流れが発生する地形がある場合、基本マッシュプーリーをその地点に設置することも

  考えられますが、上記②の問題が発生し易いので、横流れが発生する地点に、搬送ラインに沿って間伐材を

  並べ、横流れ防止のガードレールを設けるのが、簡単で確実な対策と考えられます。